ヒカルが高額ギャンブル動画を投稿する本当の理由

この前のヒカルの1000万賭けた競馬動画↓

 

結果は残念ながら外れてしまいましたが、この動画だけでなく、宝くじ100万円分やボートレース100万円分など『公営ギャンブルに多額のお金を賭けてみたみた』シリーズを定期的にやってるんですよね。

 

これらの動画は単純に見て面白いですし、金持ちYouTuberヒカルしかできないコンテンツとして差別化もできています。

これだけでも十分に“戦略的な企画”ではあるのですが、それ以上にこれらの動画は、ヒカルにとって“大きな意味”があるのです。

 

ヒカルの本当の目的

ヒカルがこれらの高額ギャンブル動画を投稿する一番の理由。それは“バス”への大きな起爆剤になるから。

賭け金が大きい分、当たった時の額はとんでもない額になる。例えば競馬で1000万賭けた馬券が当たった。そしてその様子は全部動画に収めてある。これ、バズらないわけないよね。

SNSで話題になるのはもちろん、一番大きいのはTVなどのマスメディアが取り上げること。この前のヒカルの的屋動画もそうだったけど、TVで取り上げられることでヒカルの知名度はさらに飛躍し、動画再生数も異常なほど伸びてくれる。

つまりこれらの大金ギャンブル動画はヒカルにとって、当選金額そのものよりも、当たった時の“話題性”のためにお金を賭けているといってもいい。

 

とはいえ大穴を狙ったギャンブルはハズすリスクの方が圧倒的に大きい。実際これまでヒカルはまだ一度も大金当選をしていないわけだし。

ただここがまた彼のウマいところで、これらのギャンブルに負けてもヒカルにとっては大した痛手にならないカラクリがあるのです。その理由が節税対策

 

YouTuberが動画内で大金を使うわけ

YouTuberにとって動画にかかる費用はすべて“経費”になる。本来、ギャンブルをすること自体は節税対策になりませんが、動画というコンテンツを作るためにかかった“費用”であれば節税の対象になるのですな。

つまりギャンブルに限らず、YouTuberが動画内で使ったお金はすべて経費として計上できるというわけ。だからヒカルをはじめとして今のYouTuber内で大金を使うことが流行しているのですな。経費を増やすことで納税額を減らすことができるため、結果として自分の懐はほとんど痛まないというカラクリ。

 

まとめ

以上のことをまとめるとヒカルにとっての高額ギャンブル動画は、今の視聴者を楽しませるコンテンツでありながら、大きなバズへの起爆剤でもあり、それでいて節税対策にもなるから実質的なリスクは少ないという、ウマみしかないコンテンツになっているのです。

 

前のUUUMの件もそうだったけど↓

ヒカルはどう転んでもオイシイ状況を作るのが本当にうまい。これが“ビジネスの才能がある”っていうことなんだろうなぁ。